磐梯国際クレー射撃場

今なぜ銃なのか。

近年、野生鳥獣による農業被害が大きな問題となり、各地にて鳥獣被害対策実施隊が編成されるなど対策が進んでいます。その中で、新鮮な「ジビエ」として食材を提供し、多くの皆様に日本産の狩猟鳥獣の価値を見直していただこうという取り組みも始まっています。「狩りガール」とよばれる若い女性ハンターも増え、メディアへの露出も増えてきて、今「ハンティング」は一つのブームになりつつあります。また、2020東京オリンピックを控え、オリンピック種目としてのクレー射撃も再評価され始めています。今年のリオ・オリンピックには、TRAP・SKEET両種目でメダルを狙える女性シューターそれぞれ各1名の出場が内定しました。

それでも、まだまだ日本の銃砲スポーツの世界は知られざる領域にあり、一般の皆様からは遠い存在です。ですから、私たちはこの機会により多くの皆様にその楽しさを知っていただきたいと思っています。その世界観に是非触れていただきたいのです。 私たちがサポートしているのは、たとえばこんな世界です。

Shooting

深い呼吸とともに、こころを整えクレーが放出される方向を凝視する。おもむろに銃を構えコール。コールに反応した放出機から時速84kmのスピードでクレーが放出される。軌道を確認する一瞬の間の後、体は鋭く反応し、クレーを捉え躊躇なく引き金を引く。その間わずか0.6秒。一瞬の迷いが失中(落胆)をもたらし、勇気ある決断が命中(歓喜)をもたらす。撃発の瞬間に凝縮された射撃の理論・人間力・銃と弾の性能・文明の力。許された者しか味わうことのできないクレー射撃の醍醐味。そこにはあふれる情熱が詰まっている。当社はそんな瞬間を追い求める皆さまの射撃ライフをサポートしています。

Hunting

人気のない山中に身を置き、静寂の中、息をひそめながら獲物との出会いを待つ。風の音、源流の水音、踏みしめる雪の音。青葉、落葉、巨木、薄暗い杉林。澄んだ空気の匂い。命の痕跡。五感を研ぎ澄ませ、触れ合い感じあう野生との一体感。至福の瞬間はやがて訪れる。空間を震わすヤマドリのとびたちの羽音。黄金に光る体とその美しく神神しい尾羽を震わせ谷間を滑空してくる姿を無心でとらえ引き金を引く。そして手にすることが出来る本物の山の恵み。そこには自然の厳しさと豊かさが詰まっている。当社はそんな瞬間を追い求める皆さまの狩猟ライフをサポートしています。

Gibier

まぼろしといわれるヤマドリでとったスープ。山の実を食べてたくわえられた上質な脂肪分と、独特のいぶくささが深いうまみをもたらす、ゴボウだけを入れたそばのたれ。市場には流通しない、自ら獲ってきた猟師しか味わうことのできない冬の会津の知られざる絶品。冬至ヤマドリを素材にした年越し&元日そば。

刈り入れの終わった田んぼで落ち穂を一心不乱についばむカモたちの群れ。厚いあぶらののった最高の食材。くろッぽと呼ばれる地元で生まれ育ったカルガモ、アオクビと呼ばれる遠くシベリア地方から渡ってくるマガモ。かも鍋、カモすき、胸肉のソテー。想像しただけで顔がほころびます。立ち上る湯気とともにかおる食欲をそそるにおい。そこにはほんとうの「おいしい!」が詰まっている。当社はそんなおいしいを追い求める皆様のジビエライフをサポートしています。

Deffence

野生は時に人の生活を脅かす。丹精込めて育てた作物を、果実を食い荒らすものたち。爆発的な勢いで増え続けるイノシシやシカ。時に、遭遇した人間を襲うクマ。電柵に囲われた田畑の中で農作業をしなければならない現状。彼らに非はないかもしれません。しかし、人間の生活は守らなければならない。時に厳しい環境で、使命感のもと鳥獣の被害から人を、作物を守ってきた心やさしき頼れる猟師たち。当社はそんな、鳥獣被害対策実施隊員の皆さまの活動をサポートしています。

古くからオリンピック競技にもなっているクレー射撃。欧米をはじめ各国で文化としてのステータスを持つハンティング。農家の皆さまを鳥獣の被害から守る鳥獣被害対策。そして自然の豊かさを実感するジビエ料理。多くの人がまだ知らない趣味のフロンティア。究極のアウトドアスポーツ。世代を超えて存在するスポーツシューティング・ハンティングの世界へ、あなたもその一歩を踏み出してみませんか。

有限会社 会津銃砲火薬店/磐梯国際クレー射撃場 代表取締役 冠木 成彦

    • 福島県射撃場協会 第2回スポーティングトラップ選手権大会!

      福島県射撃場協会 第2回スポーティングトラップ選手権大会!

      9月24日は今年で二回目を迎えた、福島県射撃場協会主催のスポーティングトラップ選手権! 県内5射撃場から女性シューター2名を含む、51名の選手の皆さんが参加して盛大に...

      9月 27, 2016
    • シニア射撃会 第6戦!

      シニア射撃会 第6戦!

      シニア射撃会も第6戦。今年はあと2回となりました!次回は10月22日です。ぜひご参加ください!...

      9月 20, 2016
    • 全猟福島県支部様射撃会

      全猟福島県支部様射撃会

      日曜日は、全猟福島県支部の皆様の射撃会でした!...

      9月 13, 2016

無事初心者講習会終了しました。

5月15日に会津若松市北会津支所で 初心者講習会が開催され県内各地から約20名の受講がありました。 今後も県内各地で逐次開催されます。 初心者講習会 6/17(金)郡山市労働福祉会館 7/ 9(土)いわき中央警察署常磐分庁舎s いずれも午前9時から 申込は受講希望の方の所在地を管轄する警察署の生活安全窓口。  

BLOG

ブログにて新着情報を発信しています。磐梯国際クレー射撃場の季節の移り変わりやハンティングライフなどもこちらからどうぞ

福島県射撃場協会 第2回スポーティングトラップ選手権大会!

9月24日は今年で二回目を迎えた、福島県射撃場協会主催のスポーティングトラップ選手権! 県内5射撃場から女性シューター2名を含む、51名の選手の皆さんが参加して盛大に開催されました。当射場からは13名の皆様が参加。...

Read more
27
9月

シニア射撃会 第6戦!

シニア射撃会も第6戦。今年はあと2回となりました!次回は10月22日です。ぜひご参加ください!

Read more
20
9月

全猟福島県支部様射撃会

日曜日は、全猟福島県支部の皆様の射撃会でした!

Read more
13
9月

10mトラップ大会 第6戦!

10mトラップ大会第6戦。ちょっと風がありましたが、秋晴れのいい天気。写真は入賞者の皆さまです!

Read more
12
9月

ジビエ!

先週久しぶりに上京!東上野にある日本ジビエ振興協議会様にお邪魔してきました。^^/ ジビエの可能性が広がるといいですね。今猟期はお客さまのジビエ料理を勝手に食べに行く「突撃あなたのジビエ飯!(仮)」企画も検討中です。(笑...

Read more
5
9月

猟友会会津若松地方連絡協議会四支部親善安全狩猟射撃大会!

とても長いタイトルですが、こちらの射撃大会も歴史ある大会です。昭和44年に第1回が開催されていますので今年で第47回!会津若松市の若松支部、会津美里町の美里支部、猪苗代町・磐梯町・北塩原村(裏磐梯地区)を含む猪苗代支部、...

Read more
30
8月

土曜日の予定

今週の土曜日は一般練習会で午前10時開場です!久しぶりに射撃会の予定がない土曜日ですので、皆さまぜひ練習にご来射ください!^^/

Read more
25
8月

シニア射撃会 第5戦!

シニア射撃会は第5戦!毎回熱のこもった射撃が続いています!

Read more
23
8月

夏の謝恩大会!

毎年恒例の夏の謝恩大会!トラップ・スキートとも県内各地より多数の皆様にご参加いただきました!磐梯国際名物(?)焼きトウモロコシも完売!^^/大会後の大抽選会も大盛り上がりでした。チャンピオンシップも大詰め!皆さまシーズン...

Read more
22
8月

フィールド射撃大会 第5戦!

フィールド大会第5戦!

Read more
20
8月

GALLERY

ブログに掲載された写真です。

Next

CONTACT US

ご予約やシューティング・ハンティングについてのご質問はお気軽にこちらからどうぞ

Go Top